注目情報

【ひまわりFX】ユーザー満足度の高いネット証券No,1!!(オリコン調べ)
【フォーランドオンライン】業界No.1の高額スワップポイント!初心者~上級者に人気
【マネーパートナーズ】業界初の100通貨単位!!100円から取引可能!


資金の何倍も取引できるテコ原理=レバレッジ

レバレッジ

レバレッジについて知らないとFXの魅力がわかりません。レバレッジとは「テコ」のことです。漢字で書くと梃子。話を簡単にするため、1ドル100円とします。もし資金100万円で1万ドル買うとすると、この場合は両方の値打ちが均衡、つまりテコ倍率は1倍です。もし100万円で2万ドル買えるとしたら、その場合のレバレッジは2倍です。100万円で10万ドルならレバ10倍ですね。

資金の何倍も取引できるテコ原理=レバレッジの続きを読む

ページのトップへ

適正なレバレッジの選び方

適正なレバレッジの選び方


1ドルが100円のとき、たとえばレバレッジを5倍にするのなら100万円で5万ドルが買えます。レートが100円から110円に上がれば10円×5万=50万円の益。資金は1.5倍に増えました。逆に10円下げて1ドル90円になっても50万円の損。まだ資金は半分残っています。ゲームオーバーにはなりません。「ひどい目にあったなぁ」とガマンしていれば、相場が戻して110円になる可能性はあります。

適正なレバレッジの選び方の続きを読む

ページのトップへ

取引用語の基礎の基礎=ポジション

ポジション

たとえばドルと円の通貨ペアを「ドル/円」とか「ドル円」と表記します。そしてドルを買うことを「ドル/円を買い持ちした」といいます。あるいは「ドル/円の買いポジションを持った」というう言い方もあります。ややこしいことに表現方法は他にもあって、「ドル/円をロングした」ともいいます。


取引用語の基礎の基礎=ポジションの続きを読む

ページのトップへ

貰えるか払うかは大問題=スワップ

貰えるか払うかは大問題=スワップ


限りなくゼロ金利に近い円。高い現行金利のドル。通貨間には金利差があります。100万円なら100万円、円として銀行に預金するか、ドルにして米国の銀行に預金するか、けっこうな差が出てきます。その差額分を配慮して、ある程度の配当をあげましょうというのが「スワップ」です。

貰えるか払うかは大問題=スワップの続きを読む

ページのトップへ

高く買わせて安く売る業者のサヤ取り=スプレッド

スプレッド

海外旅行に行くため外貨を買うとき、帰国して売るとき。レートには差があります。TTS、TTBなどと言われていますね。買うときは高く買わされる、売るときは安く売らされる。その差が銀行の利益です。このTTS、TTBに相当するのがFXのスプレッドです。


高く買わせて安く売る業者のサヤ取り=スプレッドの続きを読む

ページのトップへ

業者も儲ける必要があるわけで=売買手数料

業者も儲ける必要があるわけで=売買手数料


FX業者がいちばんダイレクトに利益を出す手段は売買手数料です。ポジションを持つとき、そのボジションを決済するとき、一定の手数料を払わなくてはなりません。1万ドルのボジションなら高いところで往復1000円程度、安い業者ではゼロというところもあります。

業者も儲ける必要があるわけで=売買手数料の続きを読む

ページのトップへ