資金の何倍も取引できるテコ原理=レバレッジ

レバレッジ

レバレッジについて知らないとFXの魅力がわかりません。レバレッジとは「テコ」のことです。漢字で書くと梃子。話を簡単にするため、1ドル100円とします。もし資金100万円で1万ドル買うとすると、この場合は両方の値打ちが均衡、つまりテコ倍率は1倍です。もし100万円で2万ドル買えるとしたら、その場合のレバレッジは2倍です。100万円で10万ドルならレバ10倍ですね。


FX業者によってピンキリですが、控えめな業者でもレバ10倍は可能です。アクティブな業者ならレバ100倍、300倍も可能です。しかし初心者のうちはン百倍などというレバをかけるのは非常に危険なので、とりあえず10倍で話を進めましょう。


あなたは資金100万円でレバ10倍、10万ドルを買いました。もし1ドル100円だったレートが110円に上がった場合、1ドルあたり10円上昇ですから100万円の益。資金は倍増ですね。しかしもし1ドルが90円に落ちてしまったらどうでしょうか。その場合は100万円の損。そもそもの資金が100万円だったので、当然のことながらゲームはオシマイです。


非常に単純化すると、レバレッジとはそういうことです。1対1ではなく、少ない資金でも多くの外貨を売買できる。リターンを大きくすることもできるし、当然リスクも大きくなる。どのへんを適正とするかは、その人のトレードスタイルによって異なってきます。