取引用語の基礎の基礎=ポジション

ポジション

たとえばドルと円の通貨ペアを「ドル/円」とか「ドル円」と表記します。そしてドルを買うことを「ドル/円を買い持ちした」といいます。あるいは「ドル/円の買いポジションを持った」というう言い方もあります。ややこしいことに表現方法は他にもあって、「ドル/円をロングした」ともいいます。



ついですが逆にドルを売って円を買うのは「ドル/円の売り持ち」「ドル/円の売りポジション」「ドル/円をショート」です。ドル/円と表記した場合、1ドルが何円かという意味ですね。ボンド/ドルなら単位はドルになり、1ポンドが何ドルかということ。


ちなみにFX口座には通常、円で入金しますが、だからといって円を払って外貨を買う、つまりドル/円のロングしかできないわけではありません。いきなりドル/円のショートもできます。持っていないドルをどうやって売れるのか?と不思議ではありますが、業者が形式的に換金してくれたのだとでも考えてください。
 

いずれにれしても、その業者が用意している通貨ペアなら売りから入ることも買いから入ることも自由です。今はドルが下げそうだなと判断したら、ドル売り円買い。ま、そういうことです。