危険ゾーンの事前警告=マージンコール

FXは個人トレーダーに有利な取引


維持保証金を割ったときのポジションクローズ(強制決済)をロスカットというのですが、もし必要保証金が5万円、維持保証金が50%という業者で目一杯買っていたのなら、2.5万円の含み損でロスカットということになります。このへんがFXのいちばん複雑な部分です。必要保証金、維持保証金、ロスカットライン。この意味がわかば、もうFXの仕組みがわかったといってもいいくらいです。


ロスカットは通常、問答無用で発動されることが多いのですが、もう少し優しい(あるいはおせっかい?)な業者は「そろそろ危険ゾーンが近いですよ」と警告を発してくれます。そんな警告のことをマージンコールといいます。


マージンコールがあって、たとえば1日たっても好転しない場合、やはり強制的に反対売買です。ですからマージンコールを受けた人はあわてて追加入金するとか、マイナスになっているポジションを決済して(確定させて)含み損を減らすわけです。


必要保証金‥‥外貨を買うのに必要な担保資金額

維持保証金‥‥それ以上含み損になると強制的に決済

ロスカット‥‥業者が強制的に決済すること

マージンコール‥‥ロスカットの前段階の注意報