ドキドキしながらの最初のトレード

ドキドキしながらの最初のトレード


口座も作った。取引システムの概要もわかった。あとは実際に売買してみることだけ。ふつうの人は、ここで逡巡しますね。何を買ったらいいのか、あるいは幾らで買ったらいいのか。あちこちサイトを巡回しても、みんな言っていることはマチマチです。どれを信じたらいいんだろう。


プロのトレーダーやアナリスストたちが情報をたくさん発信しています。人気のありそうな人の書いていることをじっくり読んでみましょう。なるど、この人は○○の理由でドル円は高くなると予測しているんだな。△△の理由でユーロは下がる可能性があるのか。
 

すぐ信じないほうがいいと思います。最低でも1~2週間は待つ。ほんとうにそのアナリストの言っていたように相場が動いているか検証です。そして「だいだい信じてもいい人なんだな」と思ったら、ほんの少し尻馬に乗ってみる。レバレッジにしたら1~2倍。資金が100万円なら、1~2万ドルです。これが初トレード。


思ったように動かないかもしれません。含み損が増えていく。胃がキリキリ痛むでしょう。あるいは運良く益が出るかもしれません。ワッハッハと大笑いしたい気分です。でも、だからといってポジションを急に増やしたりはしないように。参入してすぐに大損するとダメージがきつい。最初の数カ月は慣らし運転。あくまで徐行です。