通貨を売買するってどういうこと?

1.jpg

外国為替証拠金取引(略称FX)とは、ごく簡単に言ってしまうと外国の通貨を売買する取引のことです。通貨を売買?ちょっと概念がわかりにくいかも知れません。でもたとえば海外旅行をするとき、円をドルに交換します。窓口に円を差し出して、同じ値打ちのドルをもらう。


その際には銀行が少し手数料をとりますが、これって、要するに円でドルを買ったということですよね。では、たとえば1ドル=115円のときに1ドル買います。そして海外旅行が取りやめになったので、その1ドルをまた円に交換しようとして、もしレートが1ドル=117円に変っていたら? もちろん戻ってくるのは117円。


手数料を度度外視して考えば、まるまる2円の儲けです。1ドルだからみみっちいですが、もし1万ドルの売買だったら2万円の儲けです。10万ドルなら20万円。かなり凄い!と思いませんか。これがFXの基本です。