順バリは尻尾と頭を食べ残す

順バリは尻尾と頭を食べ残す


一般的には順バリのトレードの方が安全と言われているようです。一般論としては正しいでしょうが、必ずしも断言は不可能でしょう。順パリの問題点はトレンドの長さの読みにあります。115円のドルが115.2円に上がった時点で買い。そのまま116円に上がってくれれば成功ですが、それほど勢いがなく115.2円が天井で、また115円に下げてしくまうかもしれない。


その場合は失敗ですね。だから安全をみるなら、115.2、115.3と上がり続けるのを眺めて、もう間違いないだろうと判断して115.4円で買い参入。もし読みが当たって116円に上がってくれた。この場合はどこで決済するかで悩みます。116.5円まで上がるだろうか。


それとも今の116円が頂点で、次は下げるだろうか。ちょっと一時的な下げが来たところで怖くなって、115.8円で決済。その後の相場は116.5まで上げて116.2で落ち着いた。つまり115円→116.5円→116.2円という動きの中で、115.4~115.8の40銭分だけを確保したわけです。もちろん大成功ですが、大きなアタマと大きなシッポを食べ残してしまった。少し悔しい。


強気になって大失敗すると天井ロングです。はるか上で取り残されてハシゴを外され、116.5の買いポジが残ってしまったりする。これは最悪です。