絶対に損をしたくないという人へ

ある程度経験を持った方は読まないでけっこうです。スキップしてください。

まず、絶対に損をしたくないという人へのアドバイスです。リスクを減らす方法は、実はあります。
簡単なことで

(1) 損切りをしない
(2) プラススワップのポジションしか持たない
(3) 数カ月に1回、円が高くなってきたら買い出動


以上の3カ条です。勝率は比較的UPします。

まず買うタイミングです。たとえば今年はドル円がどんどん買われ、2月の末から円が買い戻されて、また乱高下しています。ここ数年のチャートを印刷してみるとわかりますが、ドル円の平均はだいたい115円~116円くらいでしょう。


したがって、ドル円が116円以上の場合は参入してはいけません。115~116円になったら、少しずつドル円を買います。114円でも買います。113円でも買います。


こうして買ったポジションは数カ月のうちに必ず上がります。絶対とは断言しませんが、非常に高い確率で上がります。ちょっと下げたからといって120円で買ったらダメですよ。一定ライン以下でしか買わないのです。頑固さが必要です。


長い期間持つ可能性があるのですから、スワップを貰える通貨でないといけません。待っていればお金が貰える。こんなメリットを生かさないなんて不思議な話です。


問題は、相場がどんどん下げても破産しないような計算をしておくことですね。どこまで許容範囲とするかが難しいのですが、通常なら1ドル100円とか、せいぜいで90円でしょうか。心配なら80円くらいまで考えてください。そこまで下げてもマージンコールやストップロスにひっかからないような資金の範囲で、計画的に買うのです。


必ず勝てます。ではどうして、誰も実行しないのか。人それぞれ、もっと簡単に儲ける方法があると信じているから。辛気臭いから。もっと儲けようとして、ひんぱんにトレードして、業者に手数料を払って、その結果損をする。それが普通の人間というものなのです。