プラススワップの通貨しか持たないこと

プラススワップの通貨しか持たないこと

これも最初のうちは鉄則。マイナススワップの通貨は持たないと決めてください。サイトにはスワップで益を出す‥という趣旨のページがたくさんあります。間違ってはいないのですが、スワップに頼り過ぎるのは少し危険な気もします。なんといってもスワップ益よりも売買損益の方がはるかに大きいのですから。


しかし買おうか売ろうか迷うようなときは、必ず買う(ドル円の場合)、必ず売る(ユーロドルの場合)。理由は単純で、プラススワップなら時間が個人トレーダーの味方をしてくれるからです。どんな失敗しても、退場さえしなければ、スワップが少しずつ損をカバーしてくれます。


仮に120円で買ってしまったドル円でも、1日150円、1カ月で4500円、1年で5万4000円。1年たてば114.6円で買ったと同じことです。実際には1年の間には相場の高下があるでしょう。もっと早いタイミングで益を出すことが可能です。ということで、自信がなければプラスのスワップ。慣れたトレーダーでもマイナススワップには手を出さない決めているような人がけっこういるのです。