ロールオーバーするか、しないか

ロールオーバーするか、しないか


もう一つ。ロールオーバというシステムがあります。これもかなり複雑で最初のうちは戸惑う人が多いでしょう。正しく表記すると「値洗い式のオールオーバー」です。たとえば118円で1万ドルを買いました。値はすぐ上がり夜中には119円くらいになったようです。

そして翌日自分のポジションを見ると、たとえば、


・119 買い 1万ドル 含み益 ▲1000円


という具合です。慣れないうちはドキッとします。儲かってるはずなのに、なぜ含み損になっているんだろう‥‥。


ただし念のために口座残高を確認してみると、昨日は100万円だったのが101万円になっています。つまり値洗いロールオーバー方式の管理方法とは、毎日定時のレートで決済してしまっているのだ、と考えるといいですね。118円のポジションを119円で決済して、その値段で買いなおす。


利益の1万円は口座に入ります。そしてレートが118.9に下がった場合は含み益がマイナス100円。 もしこのケースで118.9のまま指定の時間を迎えれば118.9円で決済、買いなおし。口座から1000円が引かれます。実際には売買のスプレッドやスワップも加算(減算)されるのですが、理屈はこんな感じです。


一方、同じケースで非値洗いロールオーバ方式で管理の場合は単純で


・118円 買い 1万 含み益9000円


という表示になります。こっちの場合は自分で決済するまで口座の残高は変化しません。