チャートの騙し

やはりヘッジファンドの仕掛けのひとつが「騙し」です。たとえば重要な指標の発表がある時刻、その数分前に相場が急に動きます。いきなり上へ10~15ポイント上がり、いきなり反転して20ポイント下がる。そして指標の発表の後では(好指標なら) 素直に上げていく。

まるで指標の数字が事前に漏れているかのように見せかける仕掛けです。指標で大きく動くことを利用して儲けようと考えている個人投資家を騙すテクニックですね。こういう騙しにひっかかって、あわてて売ったり買ったりすると酷い目にあいます。


この他にも騙しの動きはいろいろありますが、いくらヘッジファンドが巨額の資金を持っていても単独でドル円を20~30ポイント動かすほどの力はありません。


彼らにできるのはその他大勢の投資家をうまく騙してそのパワーを利用することですね。火事だ!と叫んで走りだし、みんなが一斉に走り出したら自分だけこっそり抜ける。だいだいそんな作戦なので、ご用心。うかつに乗ってはいけません。