日足・時間足・分足の使い分け

チャートには時間軸の取り方によって日足・時間足・分足などいろんな種類があります。よく使われるのは月足、週足、日足、1時間足、5分足、1分足などでしょうか。デイトレだったら1分足、あるいはもっと短いティックスと呼ばれる秒足を見ながらになるでしょうね。毎秒あるいは毎分のせわしいチャートの動きを参考にトレードをします。


1日~数日のタームで取引なら5分足とか1時間足でしょう。1時間足なら最近数日間の流れがつかめます。多少の上下にはこだわらず、ちょっと大局的に変動を眺めることができるわけです。


数日とか数週の長いタームなら1時間足や日足。もっと長期的にトレードする場合や、何年にもわたる大きな流れつかむには週足も便利です。短い間隔のチャートだけでは全体の方向性がつかめないこともあります。何種類かのチャートを常に参照しながらトレンドをつかみたいものです。