高利のコモディティ通貨

オーストラリアドルやニュージーランドドル。こうした資源国の通貨をコモディティ通貨といいます。カナダなんかも同じ仲間です。

特徴としては国力が小さい。人口が少ない。そのため経済変動がけっこう激しかったします。


また一般に利率が高くてスワップも大きい。ニュージーランドドルなんて1万通貨あたり75~85円なのに買いスワップは160円くらいつきます。ドルの買いと比較すると同じ資金で倍以上のスワップという計算になります。


その国の金利が高いということは、非常に魅力ではあるものの怖い部分もあります。経済があまりしっかりしていないともいえるからです。金や原油の価格しだいで大きく変動したりします。経済情勢も信頼感がありません。


日本の投資家に大人気のニュージーランドドル。もちろん大部分がスワップ目当ての買いポジションです。たかが日本の投資家ですが、みんなが買うから値がどんどん上がる。ニュージーランド政府の担当者がわざわざ日本の投資家に対して「そんなに買わないでくれ」とクレームをつけたこともあるくらいです。