日本市場は仲直が勝負

FXは世界が市場です。月曜の朝6時~7時頃のウェリントンから取引が始まり、土曜の朝、ニューヨーク市場が閉じるまで続きます。日本の祝祭日は関係ありません。また欧米が祝日であっても、取引そのものは可能です。


三大市場と一応は呼称されている東京、ロンドン、ニューヨークですが、実際に「取引市場」や建物があるわけではありません。東京といっても実際にはウェリントン、シドニー、東京、香港、シンガポールなどのインターバンクが中心になっているというだけのことです。


東京市場は一般に動きに乏しいのが特徴です。朝方の8時前後に少し動き、仲直といわれるその日の銀行取引レート決めの時間(10時前)に少し動くだけ。あとは基本的に面白みのないチャートが続きます。


そういう意味ではFXはサラリーマン向けですね。日中はほとんど安心していられます。もちろん、そうはいっても時々は大きく動くこともあるので、ケータイで値動きチェックくらいできるともっと安心ですが。