ロンドン市場で一気に動く

日本時間の午後2時過ぎくらいから値が動きだします。中近東の銀行が参加し、フランクフルトやチューリッヒが参加し、3時半くらいからがロンドン市場の時間。この頃からその日の傾向が見えてきます。たとえばロンドンが円売りで動くとその後の数時間は売り傾向が続いたりすることも多いですね。


もちろんロンドンの午前中は東京も参加しています。東京はロンドンの決めた方向に追従するパターンが大部分。もちろんたまには反抗したりもしますが。

ロンドン時間にも経済指標はいろいろ発表されるものの、だいたいは無視されます。みんな関心がないんでしょう。それを言うなら日本発の経済指標は基本的に完全無視が通常。さすがに金利変更なんていう場合だけは例外ですが。FXを経験すると、世界の中の日本の地位が実によくわかります。軽視されてるんですよね。悲しくなります。