注目情報

【ひまわりFX】ユーザー満足度の高いネット証券No,1!!(オリコン調べ)
【フォーランドオンライン】業界No.1の高額スワップポイント!初心者~上級者に人気
【マネーパートナーズ】業界初の100通貨単位!!100円から取引可能!


為替相場はアメリカを中心に動く

為替相場を動かす最も大きな要因として挙げられるのが、アメリカ経済の動向です。アメリカの通貨であるドルは、国際通貨でもあります。“ドルは世界で1番安全な通貨”という考えが世界中に浸透しており、多くの国際市場に流れています。世界中の様々な取引はドルで行われているのです。そのため、アメリカの景気、物価、金利の動向などで、ドルは大きく売られたり、買われたりします。

為替相場はアメリカを中心に動くの続きを読む

ページのトップへ

金利と為替の連動性

基本的に金利というものは、その国の景気がよければ上がり、景気が悪ければ下がっていくものです。為替に関しても、アメリカの景気がよければドルは買われ、景気が悪ければドルは売られる、というのが基本なので、金利と為替は一見するとまったく同じ動きをするように思えます。もちろん、金利と為替が連動するケースは多々あるのですが、実際はそればかりではありません。

金利と為替の連動性の続きを読む

ページのトップへ

日本経済と為替相場

“日本経済はゆるやかに拡大を続けている”ある日ふとテレビをつけたときの経済ニュースで、このような発言をよく耳にしませんか?普通に考えれば、“日本の景気はいい”という解釈になります。事実、ここ数年の日本の景気は戦後最大の長さを続けている、といわれています。

日本経済と為替相場の続きを読む

ページのトップへ

購買力平価と為替相場

各国の為替換算レートのことを“平価”といいます。そして、通貨の各国内での購買力が等しくなるような平価のことを“購買力平価”といいます。ここで、購買力というのは、その名の通り、ものを買うことのできる財力ととらえていいでしょう。この“購買力平価”が為替相場を決定づける要因の一つであるという説があります。1921年にスウェーデンの経済学者グスタフ・カッセルによって発表されました。

購買力平価と為替相場の続きを読む

ページのトップへ

アメリカ経済指標と為替相場

日本の経済指標は、ごく一部のものでしか為替相場に影響を与えませんが、アメリカの場合は違います。一見すると、あまり為替相場と関係のなさそうな指標でも、大きな変動要因になることがあるのです。具体的に為替相場に影響するアメリカの経済指標をいくつか挙げてみます。

アメリカ経済指標と為替相場の続きを読む

ページのトップへ

原油価格と為替相場

1970年代に“オイルショック”という事件が起こりました。中学生の教科書にも載っている事件なので、ほとんどの方がご存知だと思います。この事件では、石油の価格が急に上昇したため、安い価格で石油を仕入れていた先進国が大混乱に陥りました。もちろん、日本も被害を受けた国の一つです。さて、このとき円の為替レートはどうなったかというと、、、大幅に円が売られる結果になりました。

原油価格と為替相場の続きを読む

ページのトップへ