円安と日本の株価

円が安くなると、海外に輸出する側にとっては、有利に働きます。例えば、日本国内で100円設定の製品を輸出したとします。1ドル100円の為替レートの場合は、海外で1ドルの値になり、1ドル120円の為替レートの場合は、海外で1.2ドルの値になります。日本国内では同じ価格でも、円安になれば、海外での価格が上昇し、利益が大きくなるということです。


さらに、円安を利用して、日本国内での製品の価格を下げ、売り上げアップを図るという戦略も考えられます。この際、海外での価格も下がることになりますが、円安前と比べて同じ位の利益になるのであれば、問題ありません。


このことを考えれば、円安になることで恩恵を受けるのは輸出企業です。業績が上がり、輸出企業の株価は上昇していくことになります。元来日本は輸出大国なので、円安になることで、日本の株価全体が上昇基調になります。


恩恵を受けるのは株価ばかりではありません。円安になると輸出が増え、海外からのお金が大量に日本に流れ込んできます。流れ込んできたお金は日本国内で使われ、景気全体を上昇基調に持っていくのです。


ただし、円安は恩恵ばかりを与えるわけではありません。日本は資源の乏しい国なので、原料のほとんどは輸入に頼っています。円安になりすぎることは、輸入している原料の値段が上がることになるので、製品製造段階でのコストが高くなり、結果としては苦しくなります。


さらに、円安のもう一つのデメリットは、企業同士の競争力が上がることです。こうなってくると、輸出超過になり、貿易摩擦の問題も見え隠れします。円安もいきすぎると、よくないということです。