株と為替の連動性

日本経済が好調であれば、株式市場は上昇し、為替市場は円高になります。日本経済が不調であれば、株式市場は下落し、為替市場は円安になります。以上が基本的な株と為替の動きです。このことから、株と為替は連動性があると言えます。しかし、必ずしもこの法則が成り立つとは限りません。


その原因の1つとして、日本の株式、為替市場が外部環境の影響を受けやすいことが挙げられます。日本の経済が好調でも、アメリカの経済に悪材料が発生し、株価が大幅下落、ということになれば、日本の株価も連動して下落基調になることがほとんどです。為替市場の方はというと、アメリカに悪材料が出るとドルが売られることになり、円は円高基調になります。日本国内の力だけではどうにもならない、というのは多少情けない話でもあります。


もう1つの原因は、外国人投資家です。日本の株式市場、為替市場に対して資金を投入しているのは、主に外国人の投資家です。彼らの動向しだいで日本の株や為替は上昇、下落、という動きを繰り返します。日本国内の投資家の力では今のところ、太刀打ちできていません。


ここ数年の日本市場の動向を見てみると、円安株高、円高株安、という流れが一般的です。明らかに上述の連動性は成り立っていません。外部環境、海外投資家の動向などが関与し、このような状況になっているのです。普通なら成り立つはずの株と為替の連動性も、日本では、他の国の要因によって振り回されてしまう、ということです。