くりっく365は税金がお得

くりっく365は税金がお得


くりっく365とは、取引所を仲介して行う外国為替証拠金取引のことをいいます。為替証拠金取引は2005年より金融庁の規制商品になりましたが、当時は法的な規制がなく、悪徳業者による被害が後をたたなかったようです。


そんな中、より安全な取引ができるようにと、くりっく365が発足しました。このくりっく365では、税金に関する制度がかなりお得です。通常の為替証拠金取引であれば、利益は雑所得に分類され、利益が増えるごとに税率も上がっていきます。


しかし、くりっく365では株式取引やその他金融商品(先物取引など)と同じように、税率が一定の20%になっています。2000万円の利益が出た場合、通常であれば1000万円もっていかれるところを、くりっく365だと400万円ですむことになります。かなりの違いです。


それだけではありません。損が出た場合、3年間の繰越控除をすることができます。加えて、その他金融商品との損益を合算することもできます。実際には為替証拠金取引で、利益を出している人よりも損を出している人の方が多いはずなので、損益に関する制度はかなり嬉しいことでしょう。


税金以外でも、手数料が安い、信頼性が高い、信用リスクがないなど、くりっく365には様々なメリットがあります。これだけのメリットがあれば、利用者もどんどん増加していることにも納得です。為替証拠金取引をするときは、くりっく365で行うことをおすすめします。