デイトレードのストップロスのポイントについて

売買回数の多いFXのデイトレードでは、ストップロスのポイントを明確にしておく必要があります。ストップロスのポイントとは、ここまで下がったら売る、といういわゆる“脱出ポイント”とでも言えばいいでしょうか。これをしっかり決めていないと、為替相場が急落を始めたとき、パニックに陥ってしまい、大損をしてしまうかもしれません。



ストップロスのポイントは適当に決めていいものではありません。ある程度チャートを分析した上で決めるのが理想的です。デイトレードにこだわるのであれば、その日の分足を見て分析します。天上と底を見極めるのです。


数回の底が形成されている場合、その底を多少下回った位置をストップロスのポイントにすればいいでしょう。為替相場は基本的にレンジ内での動きを繰り返します。一旦レンジが崩れて下に抜けてしまうと、その後どんな動きをするかはわかりません。レンジを抜けた位置にストップロスのポイントを設定しておけば安全です。


ただし、ストップロスはいつも自分の心理との戦いになります。人間なので、どうしても“もうちょっと待っていたら上がってくるかも”といった感じで、いい方向いい方向に考えようとします。これは初心者には特に顕著な傾向ですが、何年やっている人でもそう考えてしまうものです。


ストップロスとは自己との戦い、といっても過言ではないでしょう。これに打ち勝てるようになったとき、デイトレーダーとして一回り大きくなることができるのではないでしょうか。