注目情報

【ひまわりFX】ユーザー満足度の高いネット証券No,1!!(オリコン調べ)
【フォーランドオンライン】業界No.1の高額スワップポイント!初心者~上級者に人気
【マネーパートナーズ】業界初の100通貨単位!!100円から取引可能!


FX短期トレードのメリットとデメリット

短期トレードとは、数日単位での売買を指します。デイトレードは1日中パソコンに張りついていなければできませんが、数日単位での売買なら1日中マーケットを観察する必要はありません。ある程度マーケットを見る時間があれば誰でもできるトレード方法です。それでは、FX短期トレードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

FX短期トレードのメリットとデメリットの続きを読む

ページのトップへ

FX短期トレードでのテクニカル指標

FX短期トレードでは、テクニカル指標を利用し、勝率を上げることができます。基本的なテクニカル指標としては、移動平均線が挙げられます。実際のチャートでは、1本の移動平均線だけではなく、短期的な線と長期的な線を複数組み合わせて使います。短期移動平均線の代表的なものとしては、5日、20日、25日線などが定番です。

FX短期トレードでのテクニカル指標の続きを読む

ページのトップへ

FX短期トレードでは経済指標の発表に気をつける

FX短期トレードでは、近々発表される予定の経済指標に気を配る必要があります。例えば、自分がエントリーしようと思った日の翌日に、アメリカの貿易収支や雇用統計が控えていたとしたら、エントリーは見送るべきです。もし市場の予想を下回る結果が出た場合などは、為替相場は大幅な下落になってしまうからです。

FX短期トレードでは経済指標の発表に気をつけるの続きを読む

ページのトップへ

レンジ相場でのテクニカル指標

日足で見た短期間の為替相場は、大きなトレンドを形成するよりも、上下運動を繰り返すレンジ相場になっていることが多いものです。レンジ相場になっている時は、使用するテクニカル指標に気を配る必要があります。なんでも使えばいいというものではありません。例えば、移動平均線、MACD、パラボリックなどは、トレンドがしっかりしているときに効果を発揮する指標です。

レンジ相場でのテクニカル指標の続きを読む

ページのトップへ

短期トレードにおけるストップロスのポイントの設定

短期トレードでも、デイトレードのときと同じように、ストップロスのポイントを設定しておく必要があります。特に短期トレードの場合は、数日単位で売買を行うため、デイトレードよりも値幅が大きくなります。レンジ相場になっていれば、一定の値幅をいったりきたりなので、含み損が出ていても、しばらく待っていれば解消されるかもしれません。しかし、一旦レンジ相場が崩れれば、どうなるかわかりません。

短期トレードにおけるストップロスのポイントの設定の続きを読む

ページのトップへ

FX短期トレードにおける利益確定ポイント

FX短期トレードでは、デイトレードのときと同じで、“ある程度の利益”が出たらすぐに確定してしまう、というのが基本です。この“ある程度の利益”というのは運用している資金額によって変わってきますが、数万の利益を出すことができれば、上出来だと考えていいでしょう。

FX短期トレードにおける利益確定ポイントの続きを読む

ページのトップへ