FX短期トレードにおける利益確定ポイント

FX短期トレードでは、デイトレードのときと同じで、“ある程度の利益”が出たらすぐに確定してしまう、というのが基本です。この“ある程度の利益”というのは運用している資金額によって変わってきますが、数万の利益を出すことができれば、上出来だと考えていいでしょう。


少ない資金でFXを行っている人は、数千円を目安にしていきましょう。「もっと利益を出したい」という欲が頭をよぎると、あっという間にエントリーポイントを切ってしまい、利益がマイナスになってしまうかもしれません。いわゆる含み損です。


これでは何の意味もありません。もちろん、持ち続けていれば利益が大きくなることもあるでしょう。しかし、短期トレードでは資金効率のよさが第1のメリットでもあります。ポジションを持ち続けていればこのメリットはなくなってしまいます。“もっと利益は増える”という幻影を頭の中から振り払い、“細かく、早く”ということをモットーに、早めの確定を目指していきましょう。


もしポジションを持ち続けたいのであれば、そのときは中長期トレードへ切り替えることになります。最初は短期トレードを目的にエントリーしたけれども、もっと多くの利益を狙いたい、もしくは、含み損が出てしまったので、エントリーポイントまで戻ってくるのを待ちたい、という人は、短期トレードから中長期トレードへ切り替えましょう。ただし、リスクが大きくなることを覚悟しなければなりません。