FX中長期トレードのメリットとデメリット

中長期トレードとは、数週間、数ヶ月単位での売買を示します。仕事などで忙しく、ネットを見る時間があまりない人にとっても、簡単にできるトレード方法です。それでは、FX中長期トレードのメリットとデメリットを見ていきましょう。まずメリットですが、2種類の通貨の金利差によって生じる、スワップポイントを期待できる点です。


長くポジションを持っていればいるほど、2種類の通貨の金利差が大きくなる可能性がでてきます。こうなってくればスワップポイントはますます大きくなるので、しめたものです。スワップポイントがなくても、中長期トレードになれば、デイトレードや短期トレードとは比較にならないくらいの値幅が期待できます。トレンドをしっかり確認したうえでエントリーすれば、利益はかなり大きくなるでしょう。


それ以外では、ゆとりの投資が可能なこともメリットとして挙げられます。ただし、ある程度資金に余裕がないと意味がありません。資金の余裕がなければ、ロスカットが勝手に執行されることがあります。資金に余裕のある投資ファンドや企業の投資方法を見てみると、ほとんどが中長期投資をしているはずです。


デメリットとしては、低金利通貨の買いにスワップの支払いが発生する点です。今現在の日本円は、まさにこれに当たります。エントリーは、ある程度の高金利通貨に限定した方がいいでしょう。資金効率の悪さもデメリットの1つです。短期間での安定した利益を目指している人にとっては、中長期トレードはあまりおすすめできません。