中長期トレードにおけるストップロスのポイント

デイトレードや短期トレードでは、ストップロスのポイントを設定しておく必要がありました。しかし、中長期トレードになると、ストップロスのポイント設定は基本的に必要ありません。中長期トレードは数ヶ月間、数年単位で見た、相場の大きなトレンドを確認したうえでエントリーするのが基本です。数ヶ月間、数年単位のトレンドというのは、そうそう簡単に崩れるものではありません。


相場がエントリーした方向と逆に動いてしまったとしても、我慢してポジションを持ち続けるのが基本です。この我慢ができないと、中長期トレードをしているメリットがなくなってしまいます。もし、数ヶ月間、数年単位の大きなトレンドがレンジ相場になっている場合、エントリーすべきではありません。


レンジ相場は一旦崩れると、どう動くか予想できなくなってしまいます。デイトレードや短期間トレードではメリットとして働くレンジ相場も、中長期トレードにとってはリスクを大きくしてしまうということです。万が一ということもあるので、もし中長期トレードでストップロスのポイントを決めておく場合は、月足を使って判断しましょう。


数年単位で見たときのサポートライン、レジスタンスラインをストップロスのポイントに設定します。もし、数年単位のサポートライン、レジスタンスラインを抜けるようなことがあるとすれば、それは為替相場が歴史的に大きな転換期を迎えるということです。めったにあることではないので、抜けてくる確率は低いといえるでしょう。