適当なエントリーポイント、確定ポイント

デイトレード、短期トレードでは、エントリーポイントがかなり大事です。1回のトレードで稼げる金額が少ないことを考えれば、1銭でも多く利益を出したいからです。それに比べ、中長期トレードでは、エントリーポイントをある程度適当にすることができます。

適当といっても、何の根拠もない位置でエントリーしてはいけません。ある程度大きなトレンドを確認しておくことは必要です。数ヶ月間、数年単位のトレンドというのはそうそう簡単に崩れるものではないので、ある程度適当な位置でエントリーしても、思った方向にしっかり動いてくるということです。


さらに、中長期トレードの場合は、途中でポジションを増やす手法が有効です。これは“買い増し”などとも呼ばれています。ポジションを増やすためには、経済ニュースのチェックが欠かせません。金利政策、通貨政策などの変更により、自分のエントリーしている方向に為替相場が動きそうだと思ったら、ポジションを増やします。このときも、エントリーポイントは適当で構いません。


中長期トレードでは、エントリーポイントだけでなく、利益確定ポイントも適当にした方がいいでしょう。「天上いっぱ、いいっぱいのところで確定してやろう」などとは思わずに、「適当な位置で確定しよう」と思っていた方が、心にもゆとりができます。もし焦って確定してしまったら、せっかくの長期トレンドを読んだ上でのエントリーが無駄になってしまいます。