注目情報

【ひまわりFX】ユーザー満足度の高いネット証券No,1!!(オリコン調べ)
【フォーランドオンライン】業界No.1の高額スワップポイント!初心者~上級者に人気
【マネーパートナーズ】業界初の100通貨単位!!100円から取引可能!


サブプライムローン問題の始まり

サブプライムローン問題という言葉が世間を騒がすようになったのは、昨年2007年の夏場ごろです。それまで堅調な動きを見せていた為替相場は、急に逆の方向に動き出しました。今年になってからもその影響はとどまることを知らず、為替相場は不安定な乱高下を繰り返しています。4月に入ってからは少し落ち着きを取り戻したように見える為替相場ですが、まだまだ油断はできません。

サブプライムローン問題の始まりの続きを読む

ページのトップへ

サブプライムローン問題による円相場の急騰

サブプライムローン問題の影響が最も濃く現れたのは、円相場といってもいいでしょう。それまで円安傾向だった相場は、問題の発覚と共に一気に円高方向に傾きました。最初はアメリカドルに対してだけの円高だけでしたが、徐々に他の通貨(豪ドル、ユーロなど)に対しても円高が進んでいきました。これは一体なぜだったのでしょうか?

サブプライムローン問題による円相場の急騰の続きを読む

ページのトップへ

当初、サブプライムローン問題に対する危機感は少なかった

2007年夏場頃に発覚したサブプライムローン問題ですが、当初、市場関係者の見方は非常に楽観的なものでした。「所詮サブプライムローンを発行している会社などごく一部、それらの会社がつぶれるだけで、銀行もたいした損を出すことにはならないだろう、アメリカ経済に与える影響など微々たるものだ」

当初、サブプライムローン問題に対する危機感は少なかったの続きを読む

ページのトップへ

円相場の急騰が株式市場に及ぼした影響

サブプライムローン問題により円相場が急騰したことは、株式市場にも多大な影響を及ぼしました。

円相場の急騰が株式市場に及ぼした影響の続きを読む

ページのトップへ

サブプライムローン問題と金利と為替相場

サブプライムローン問題に対し、アメリカFRB(米連邦準備理事会)は何度か政策金利の引き下げを行いました。そしてこの政策金利が引き下げられる度に、為替相場は大きく変動してきました。金利は「経済を活性化させよう」という目的の元、引き下げられるのが一般的です。アメリカの金利が引き下げられると、為替相場はこれを好感し、ドルが買われる傾向にあります。

サブプライムローン問題と金利と為替相場の続きを読む

ページのトップへ

サブプライムローン問題とスタグフレーション

サブプライムローン問題により、アメリカ経済が「スタグフレーション」になるかもしれないという心配が出てきました。「スタグフレーション」は、「スタグネーション」と「インフレーション」の合体バージョンです。
「スタグネーション」は景気が後退していることを意味し、「インフレーション」は物価が高騰することを意味します。

サブプライムローン問題とスタグフレーションの続きを読む

ページのトップへ

なぜサブプライムローン問題は長引いたのか?

サブプライムローン問題がニュースになったのは2007年の夏場です。その後、為替相場を乱高下に導いたこの問題は、2008年になっても一向に解決しませんでした。では、なぜサブプライムローン問題は長引いてしまったのでしょうか?


なぜサブプライムローン問題は長引いたのか?の続きを読む

ページのトップへ

サブプライムローン問題がもたらしたモノライン問題とは?

サブプライムローン問題が深刻化したことによって、「モノライン問題」という新たな問題が生まれました。モノラインというのは、金融保証業務(お金を借りた人の保証をする役割)を専門とする会社のことです。一種の保険会社といってもいいでしょう。

サブプライムローン問題がもたらしたモノライン問題とは?の続きを読む

ページのトップへ