外貨預金とは?

ここ数年の間、外貨預金が流行っています。外貨預金は読んで字のごとく、日本円ではなく、外国の通貨で預金することを意味します。なぜ外貨預金が流行っているかというと、外国の方が日本より預金金利が高いからです。


日本の預金金利はよくて約0.05%程度、仮に100万円を10年間預けたとしても、たったの5000円しか増えません。この金利の低さは世界的に見ると異常です。


これに比べれば、海外の預金金利の方がはるかに高くなっています。


例えば、アメリカドルは年利約3%です。オーストラリアドルに関しては、年利約5%もあります。日本とはえらい違いですね!ざっと紹介しただけでも、これだけの預金金利の差があるので、外貨預金に心を奪われてしまうのも無理はありません。


通常、外貨預金をしようと思ったら自分で海外の口座を作る必要がありますが、ここ数年で日本の各銀行が口座開設手続きを代行してくれるようになりました。口座開設の際は手数料などをとられますが、国内銀行に依頼するだけで誰でも簡単に、外貨預金ができるようになっています。


外貨預金を始める前には、為替変動リスクを忘れてはいけません。いくら金利で資産が増えたとしても、為替の変動によっては利益がマイナスになってしまう可能性が大いにあるからです。


外貨預金の定期預金は中途解約が不可能なので、為替変動リスクを考慮に入れると、いつでも解約できる外貨普通預金の方がいいでしょう。