手数料の違い

外貨預金とFXは同じような金融商品ですが、決定的な違いがいくつかあります。その一つとして挙げられるのが、手数料の違いです。

FXの手数料は、1万通貨に対し片道1000円が相場です。どの通貨ペアに対しても一定の手数料がかかります。また、最近では手数料無料をウリにする業者が増えています。トレーダーにとっては非常にプラス材料です。


これに対し、外貨預金は通貨によって手数料が変わってきます。米ドルに関して言えば、1万通貨で片道1万円です。高金利で人気のある豪ドルは片道2万円、英ポンドは片道4万円かかります。
いかがですか? FXと外貨預金の手数料は、数10倍の違いがあります。ものすごい差ですね。では、なぜこれほどまでに差があるのでしょうか?


それは、FX業者がインターネット証券で、外貨預金業者が都市銀行であることが関係しています。インターネット上のオンライン証券と、オフラインの銀行では、運営にかかるコストが桁違いなのです。銀行側から見ると、外貨預金の手数料は決して高くありません。むしろ低めに設定しているくらいでしょう。これ以上低くしてしまうと、赤字になってしまいます。


ただ、一般人から見ると外貨預金の手数料はかなり高いですよね。為替差異と金利でプラスになった外貨預金も、莫大な手数料のせいで利益がゼロになってしまうケースが少なくありません。手数料を見てみると、外貨預金はFXに比べ、圧倒的に不利であると言えます。