税金の違い

外貨預金とFXでは、利益にかかる税金が大きく異なります。

外貨預金には、通常二種類の税金がかけられます。一つは為替差異にかかる税金、もう一つは利息にかかる税金です。
為替差異にかかる税金は、雑所得に分類されます。他の所得と合算して税額を計算しなければなりません。ただし、年間の給与所得が2000万円以下で、外貨預金による収入が20万円以下の場合は発生しません。利息にかかる税金は、受け取る際に20%が源泉徴収として持っていかれます。


もし外貨預金で損をしたとしても、20%の源泉徴収は絶対です。例えば、1年分の利息8%はもらえましたが、為替差異による損失によりトータルでマイナスの利益になったとしましょう。この場合でも利息に対する20%の源泉徴収は消えません。


一方FXでは、為替差異にかかる税金と金利にかかる税金が両方とも雑所得に分類されます。他の所得と合算して税額を計算する点は外貨預金と同じです。年間の給与所得が2000万円以下で、FXによる収入が20万円以下の場合は発生しません。もし損をした場合は、税金を払う必要がありません。


両者の一番の違いは、損を出した場合です。外貨預金は損を出しても、利息にかかる20%の源泉徴収は絶対にもっていかれます。FXは損を出したときの税金がゼロです。この点はFXの方が圧倒的にお得です。トータルで見ても、全てを雑所得として申告できるFXの方が、持っていかれる税金の額は少なくなるでしょう。


FXにかかる税金について詳しくはFXと税金についてをご覧ください。