ロスカットができない

ロスカットができない


初心者が損をするパターンとして挙げられるのが、ロスカットができないことです。例えば、あなたがある通貨にエントリーして、一時は利益が10万円にまで膨らんだとしましょう。しかし、その後何日か経過すると、利益がマイナスになってしまいました。


その後じりじり損が膨らんでいったとしても、なかなかポジションを手放すことはできないですよね?これが初心者に一番多いパターンです。


このとき、あなたには次のような心理が働いています。
「多少の損ならスワップポイントのプラス分で相殺することができるはずだ」「一旦はプラスになったのだから、しばらく待っていれば再びプラスになるだろう」などなど・・・


しかし、これらの心理は単なる希望的観測に過ぎません。スワップポイントで相殺できる金額は微々たるものです。相場が再び上昇してくる保証も全くありません。結果、どんどん損を膨らましていくことになるのです。見込みのない通貨はさっさとロスカットして、別の通貨にエントリーした方がいいのです。はるかに資金効率はよくなります。


とはいったものの、初心者にとってロスカットは非常に難しいスキルです。そこで、エントリーする前に「ここまで下がったらロスカット」というポイントを決めておきましょう。何も決めずにエントリーするよりも、数倍ロスカットをしやすくなります。あとはそのルールを守る勇気と度胸を身につけましょう。