ファンダメンタルを勉強しない

FXは個人トレーダーに有利な取引


初心者が損をするパターンとして挙げられるのが、ファンダメンタルを勉強しないことです。チャートだけを見てゲーム感覚で投資する、そんな初心者が後を絶ちません。その原因としては、「ファンダメンタルは敷居が高く、難しい」という風潮が広がっているためだと考えられます。


そこで、まずは簡単なところから入ってみてはいかがでしょうか?例えば、NHKの「週刊こどもニュース」です。この番組では経済に関するニュースもかなり取り上げられます。大人でも「はっ」とするような解説がなされているので、初心者にはちょうどいいかもしれません。


ブルームバーグ、ワールドビジネスサテライトといったテレビ番組もおすすめです。インターネット上ではヤフーファイナンス、日経ネットなどを見れば知識が深まります。月刊チャージャーなどの企画ものにも経済に関するトピックが満載です。


各国の景気動向、要人発言、原油高、金利動向などが為替相場に影響を及ぼすことは自明の理です。こういったファンダメンタル的な側面を無視して投資を行うことは、自らリスクを高めていることになります。例えば、金利動向が予想に反して利下げになってしまった場合です。高い確率でその国の通貨は売られます。ファンダメンタルに関する知識があれば、こういったケースでは危険を感じ、脱出することができます。


ファンダメンタルを勉強すれば勝てるというわけではありませんが、何もしないよりはずっとよくなるはずです。