ナンピン

ナンピン


初心者が損をするパターンとして挙げられるのが、ナンピンです。ナンピンとは、一度エントリーした通貨の損益がマイナスになったところで再びエントリーする手法です。


例えば、ドル円を1ドル=100円で買ったとしましょう。その後、1ドル=95円まで下落して、損益がマイナスになってしまいました。ここで再び買いを入れるのがナンピン買いです。


逆にナンピン売りというものもあります。ナンピン売りは、相場が値上がりして損益がマイナスになったとき、再び売りでエントリーする手法です。


ナンピンが悪いと一概に言うことはできません。ナンピンをした後に相場が反転して、損益が相殺されれば言うことはありません。FXはレンジ相場になることが多いので、ナンピンを利用して利益を出すプロのトレーダーもたくさんいます。しかし、FX初心者にとっては危険極まりないテクニックです。「下手なナンピン大怪我のもと」という格言もあります。


「ここまで下がったのだから、じきに反転してくるだろう」などという希望的観測だけでナンピンをするのは絶対にやめましょう。損が膨らんでしまうと、あっという間にマージンコールが発生してしまいます。ナンピンしたけど資金がゼロになってしまった、という人は実際にたくさんいるのです。


損益がマイナスになったときはナンピンをするのではなく、しばらくそのままにしておきましょう。それでも思うような動きにならない場合、まっさきに考えるべきはロスカットであり、ナンピンではありません。FX初心者はぜひ覚えておいてください。