注目情報

【ひまわりFX】ユーザー満足度の高いネット証券No,1!!(オリコン調べ)
【フォーランドオンライン】業界No.1の高額スワップポイント!初心者~上級者に人気
【マネーパートナーズ】業界初の100通貨単位!!100円から取引可能!


GDP

GDPはその年に生み出された財務価値を計算した指標で、最も有名な経済指標の一つです。労働市場が健全かつ個人消費や投資などが活発なときに上昇するので、経済の健康状況を表わす指標といえます。

GDPの続きを読む

ページのトップへ

雇用統計

雇用統計は失業率、各産業の就業者数、賃金インフレ数など、雇用に関するデータを集めた経済指標です。世界各国がそれぞれの雇用統計を発表しますが、特にアメリカの雇用統計が相場に与える影響はずば抜けて大きくなっています。

雇用統計の続きを読む

ページのトップへ

貿易収支

貿易収支は、貿易の輸出と輸入の差額を表わす経済指標です。単独で発表されるのではなく、国際収支という指標の一部として発表されます。

貿易収支の続きを読む

ページのトップへ

小売売上高

私たちの身の回りにあるデパート(イオン、丸井、ダイエーなど)、コンビニ(ローソン、セブンイレブンなど)、百貨店(丸紅、三越伊勢丹など)等は全て小売業者に当たります。小売売上高は、こういった業者の総合売上げを示す指標です。

小売売上高の続きを読む

ページのトップへ

消費者物価指数

消費者物価指数は、消費者が購入する商品やサービスの価格の動きを総合的に数値化した指標です。数値を見れば、物価が前月と比べて何%上下したかが分かります。経済がインフレに傾いているのか、それともデフレに傾いているのかを確認できる指標と言っていいでしょう。アメリカや日本を始め、世界各国の中央銀行が政策金利を決定するための材料にしているとも言われています。

消費者物価指数の続きを読む

ページのトップへ

ISM製造業景況指数

ISM製造業景況指数はアメリカのサプライマネジメント社(全米供給管理協会)が発表する景気動向指数です。300社以上の製造業役員にアンケートを実施し、1ヶ月前と比較した景気の良し悪しを数値化します。基準となる数値は50で、50を上回ると景気が上昇基調、逆に50を下回ると景気が後退基調であることを示しています。集計方法と50という数値を基準にする点は、日本の日銀短観と非常によく似ています。

ISM製造業景況指数の続きを読む

ページのトップへ

耐久受注(耐久財新規受注)

耐久受注は製造業受注指数の一つで、アメリカにおける耐久財の新規受注額を統計したものです。

耐久受注(耐久財新規受注)の続きを読む

ページのトップへ

個人所得

個人所得は、給与・事業所得から社会保険料を除いた額を集計したものです。所得額の発表以外にも、貸金給与、利子配当、貯蓄率などが同時に発表されます。世界各国がほぼ同じ内訳の個人所得を発表します。

個人所得の続きを読む

ページのトップへ

個人消費支出

個人消費支出とは、1ヶ月間の間に国民が消費に利用した金額を集計したものです。別名PCE(Personal Consumption Expenditures)とも呼ばれています。内訳としては家電や自動車などの耐久財消費支出、旅行などのサービス消費支出、食品などの非耐久財消費支出があります。世界各国がそれぞれの個人消費支出を発表しますが、特に市場の注目を集めるのは、世界最大の消費国であるアメリカの個人消費支出です。

個人消費支出の続きを読む

ページのトップへ

消費者信頼感指数

消費者信頼感指数は、一般消費者に対するアンケート調査を元に算出される数値です。アンケートの調査対象人数は約5000人となっており、数あるアンケート調査指標の中でもトップクラスの調査対象数を誇ります。特に為替相場に対する高い影響力を持つのは、アメリカの消費者信頼感指数とドイツの消費者信頼感指数です。

消費者信頼感指数の続きを読む

ページのトップへ

住宅着工件数

住宅着工件数は一ヶ月の間に建設された新築物件の数を表わす指標です。集計に含まれるのは一戸建て住宅と集合住宅のみで、公共住宅等は含まれません。住宅関連指標が経済に及ぼす影響はどの国でも大きいので、全ての国の住宅着工件数が重要になります。

住宅着工件数の続きを読む

ページのトップへ

新築住宅販売件数

新築住宅販売件数は 一定の期間内に販売された新築住宅の件数を表わす指標です。住宅関連指標が経済に及ぼす影響はどの国でも大きいので、全ての国の新築住宅販売件数が重要になります。

新築住宅販売件数の続きを読む

ページのトップへ

中古住宅販売件数

中古住宅販売件数は、当月に所有権の移転が完了した中古住宅の販売件数を表わす指標です。中古住宅販売件数は新築住宅販売件数よりもはるかに多いため、全ての住宅指標の先行指標として注目されます。住宅関連指標が経済に及ぼす影響はどの国でも大きいので、全ての国の中古住宅販売件数が重要です。

中古住宅販売件数の続きを読む

ページのトップへ

鉱工業生産指数

産業は農業、林業、漁業、建設業、製造業、卸売業、小売業など様々な分野に分けることができますが、その中でも鉱業と製造業に特化して企業の生産活動を数値化したのが鉱工業生産指数です。日本であれば新日鉄、神戸製鋼などの鉄鋼関連企業、ソニー、シャープなどの電機機器関連企業全体の生産活動状況を表わす指標になります。


鉱工業生産指数の続きを読む

ページのトップへ

景気動向指数

景気動向指数とは、雇用、金利、株価など様々な経済指標を元に算出した指標です。ほとんどの指標が特定の分野に限定したものであるのに対して、景気動向指数は総合的に景気の方向性を示す指標です。

景気動向指数の続きを読む

ページのトップへ

生産者物価指数(PPI)

生産者物価指数は、生産者が出荷する地点での商品の価格水準を表すアメリカの指標です。一般的にPPIと呼ばれますが、これは英語におけるProducer Price Indexの頭文字をとって省略したものです。日本で発表される卸売物価指数と似たような指標で、物価水準を表します。集計はアメリカの販売業者の約1万品目を対象に行われます。集計する際に商品の輸送費は除外されます。

生産者物価指数(PPI)の続きを読む

ページのトップへ

卸売物価指数

卸売物価指数は、企業間取引における原材料や中間製品価格の動向です。日本銀行が作成し、毎月3回発表されています。アメリカで発表される生産者物価指数とよく似た指標ですが、算出される際に輸送費を含む・含まないなどの若干の違いがあります。卸売物価指数の算出には輸送費が含まれます。

卸売物価指数の続きを読む

ページのトップへ

米国週間新規失業保険申請件数

米国週間新規失業保険申請件数は、一週間に一度発表されるアメリカの雇用指標です。失業保険を申請する人が増えるということは、基本的に失業者の増大を意味します。そのため、週間新規失業保険申請件数は毎月発表される米失業率を予測する指標として重要視されています。

米国週間新規失業保険申請件数の続きを読む

ページのトップへ

ADP雇用統計

ADP雇用統計はアメリカの民間給与計算請負会社であるADP社が発表している雇用指標です。発表がスタートしたのは2006年で、比較的最近のことです。ADP雇用統計は約50万社、約2500万人という非常に多くのサンプルを集めて計算しているため、信頼性の高い指標になっています。

ADP雇用統計の続きを読む

ページのトップへ

IFO景況感指数

IFO景況感指数はドイツの経済研究所IFO(Information and Forschung)が発表している経済指標です。ドイツの民間企業約7000社に対して現在の景気動向と半年後の景気動向に関するアンケートを取り、集計したものを1ヶ月に1度発表します。日本で言うところの日銀短観に近い経済指標です。

IFO景況感指数の続きを読む

ページのトップへ

ZEW景気期待指数

ZEW景気期待指数はドイツの民間調査会社ZEW(Zentrum fur Europaische Wirtschaftsforschung:欧州経済研究センター)が1ヶ月に1度発表している経済指標です。市場関係者約350人くらいに半年後の景気動向についてアンケートを取り、景気がよくなると回答した人から景気が悪くなると回答した人を引き、その比率を計算します。IFO景況感指数と似ていますが、集めるサンプル数はZEW景気期待指数の方が少なくなっています。

ZEW景気期待指数の続きを読む

ページのトップへ

IMM通貨先物

IMM通貨先物とは、シカゴマーカンタイル取引所の国際金融先物市場(IMM)で積み上げられているポジションの動向です。各通貨ペアにおけるロングポジションとショートポジション、どちらが多いのかを一目で確認することができます。アメリカの商品先物取引委員会が一週間おきに発表しており、ホームページでも確認することができます。

IMM通貨先物の続きを読む

ページのトップへ

景気ウォッチャー調査

景気ウォッチャー調査は一般の就業者に対して現在の景況感、未来の景気予想などを質問し、回答してもらったデータを元に算出する指標です。

景気ウォッチャー調査の続きを読む

ページのトップへ

月例経済報告

月例経済報告は内閣府によって毎月発表される景気判断です。

月例経済報告の続きを読む

ページのトップへ

法人企業統計調査

法人企業統計調査は、日本国内にある資本金1000万円以上の営利法人の活動状況を把握する調査です。四半期ベースと年次ベースでそれぞれ行われています。


法人企業統計調査の続きを読む

ページのトップへ

日経景気インデックス

日経景気インデックスとは、日本経済新聞社が作成している景気指数です。別名日経BIとも呼ばれます。

日経景気インデックスの続きを読む

ページのトップへ