小売売上高

私たちの身の回りにあるデパート(イオン、丸井、ダイエーなど)、コンビニ(ローソン、セブンイレブンなど)、百貨店(丸紅、三越伊勢丹など)等は全て小売業者に当たります。小売売上高は、こういった業者の総合売上げを示す指標です。

世界各国がそれぞれの小売売上高を発表しますが、その中でもアメリカの小売売上高が相場に与える影響は、ずば抜けて大きくなっています。アメリカは世界最大の消費国であり、GDPの6%を個人消費が占めています。小売売上高は売上げと同時に、消費者の消費意欲も示す指標です。アメリカの消費者動向が為替相場に与える影響は計り知れません。全世界の為替相場が一斉に反応します。


アメリカの小売売上高では、自動車販売の占める割合が高くなっているのが特徴です。最初に発表された値から大幅に改正されることが多く、為替相場はその都度反応を変えます。1回チェックするだけではなく、その後の改正値発表などもチェックする必要があります。


アメリカの小売売上高が為替相場に与える影響についてですが、売上高が予想より高ければ米ドルが買われ、低ければ米ドルが売られるという流れが基本になります。実際、この基本通りに動くパターンがかなり見られるので、短期的なエントリーの判断材料としては非常に使える経済指標です。


また、アメリカの小売売上高はすぐ後に発表される雇用統計の動向も占います。「消費が活発になれば労働者の賃金も上昇し、労働市場が活発になる」という基本も押さえておきましょう。