個人消費支出

個人消費支出とは、1ヶ月間の間に国民が消費に利用した金額を集計したものです。別名PCE(Personal Consumption Expenditures)とも呼ばれています。内訳としては家電や自動車などの耐久財消費支出、旅行などのサービス消費支出、食品などの非耐久財消費支出があります。世界各国がそれぞれの個人消費支出を発表しますが、特に市場の注目を集めるのは、世界最大の消費国であるアメリカの個人消費支出です。

アメリカの個人消費はGDPの約70%を占めており、後に発表されるGDPにも影響すると言われています。個人消費支出の増減はそのままドル買い、ドル売りにつながると考えて間違いありません。「個人消費支出の増加=ドル買い」「個人消費支出の減少=ドル売り」という流れが基本です。


実際に個人消費支出が発表されるときは、PCEデフレーターという形で発表されます。デフレーターというのは、普通に集計した個人消費支出の値から物価の変動分を取り除いた実質値のことです。個人消費支出の値だけが上昇しても、物価が同時に上昇していれば消費が増加したとは言えません。その問題点を改善するための指標であると言っていいでしょう。


個人消費支出の発表と同時に食品・エネルギー消費を除いたコア指数というものが発表されますが、こちらにも注目する必要があります。米連邦準備理事会(FRB)が物価動向を見極める材料として重要視しているからです。FRB はコア指数が1―2%の範囲に収まることが理想的であるとしています。