中古住宅販売件数

中古住宅販売件数は、当月に所有権の移転が完了した中古住宅の販売件数を表わす指標です。中古住宅販売件数は新築住宅販売件数よりもはるかに多いため、全ての住宅指標の先行指標として注目されます。住宅関連指標が経済に及ぼす影響はどの国でも大きいので、全ての国の中古住宅販売件数が重要です。

特にアメリカでは新築住宅市場よりも中古住宅市場の方が成熟しており、景気に対する影響が大きくなっています。中古住宅販売件数の増加は家具・家電製品などの消費増大などにつながると考えられています。「中古住宅販売件数の増加=景気の拡大=通貨高」「中古住宅販売件数の減少=景気の後退=通貨安」という考え方が基本になります。


中古住宅販売件数は新築住宅販売件数と同じく、季節や天候の影響を濃く受けます。そのため、市場の事前予想と大きくずれることが多々あり、その都度為替相場を大きく動かす要因になります。一ヶ月単位で見るとかなりの変動幅になってしまうため、一般的には三ヶ月単位で見るのが良いとされています。