景気動向指数

景気動向指数とは、雇用、金利、株価など様々な経済指標を元に算出した指標です。ほとんどの指標が特定の分野に限定したものであるのに対して、景気動向指数は総合的に景気の方向性を示す指標です。

景気動向指数には景気先行指数、景気一致指数、景気遅行指数の3種類があります。株価や新規求人倍率は景気先行指数の算出に使われ、鉱工業生産や有効求人倍率は景気一致指数の算出に使われ、法人税収入や雇用統計は景気遅行指数の算出に使われます。この内、マーケットにとって最も重要なのは景気先行指数です。


株価などの先行指数を動かしているのはあくまで市場参加者の予想なので、必ずしも正確な指標であるとは言えませんが、過去に景気先行指数が景気の先行きを読み当てた例は数多くあります。ただし、景気先行指数はすでに発表されている経済指標を元に算出されるため、予想外の結果になることは少なく、短期的にマーケットを大きく動かすようなことはほとんどありません。