月例経済報告

月例経済報告は内閣府によって毎月発表される景気判断です。

経済財政担当大臣が関係閣僚会議に提出し、了承を得た後に公表されます。関係閣僚会議には経済関連閣僚の他、日銀総裁や与党幹部なども出席します。


冒頭で発表される内容は現在の景気判断や今後の方向性ですが、それ以外にも消費、投資、雇用、貿易など、経済を構成する様々な要素に関しても言及があります。経済政策に関する言及もよくあるので、発表直後はマーケットに影響を与えることも多々あります。


月例経済報告の特徴として、景気判断や今後の方向性が非常にあいまいな文章で表現される点があります。まるで国会のごまかし答弁のような印象を受けるため、この部分はさほど重要視しなくていいでしょう。マーケット参加者にとってはむしろ経済政策に関するささいな言及の方が重要になります。


月例経済報告は経済指標としての重要度はそこまで高くないものの、あいまいな文面が話題を集めるのか、メディアではわりと大々的に報道されることが多くなっています。