米ドル暴落の可能性はあるのか?

今回の金融危機で一番心配されているのは米ドルの暴落です。この先、米ドル暴落の可能性はあるのでしょうか?

国の通貨が暴落するときは、国際信用を失ったときです。国際信用を失う最も代表的な例は、国家の破綻です。アメリカ破綻の可能性はあるのでしょうか?


結論から言うと、今の段階ではほとんどないといっていいでしょう。アメリカの国家財政は日本に次ぐ世界代位2位の大赤字で、これを補うために中国や日本など、諸外国に対して国債を発行して莫大な借金をしています。これが返せなくなることが心配されていますが、それはまずもってありません。


なぜならば、国債は返済期限が来てもまた新たに発行できることになっているからです。簡単に言えば、借金の返済期限が来たら、再び借金をして返してもいいということです。国のみに許された、反則のようなルールです。


もし何らかの理由で国債を発行できなくなったとしても、借金は全て自分の国の通貨米ドル建てで行われているため、中央銀行がドルを彫りまくって返せば何とかなります。ただ、もしそのような事態になればインフレを招き、どのみち国際信用を失うことになるので、破綻しなくても米ドルは暴落するかもしれません。


米ドル暴落の可能性は他にもあります。それは、中国と日本がアメリカの国債を売りに出たときです。先にも書きましたが、アメリカの国債を大量に保有しているのは中国と日本です。もしこの2国のうちどちらかが暴走してアメリカの国債を売却、などという事態になれば米ドルは暴落するでしょう。ただ、こちらも実際に起こることはまずありません。今は国際協調ということで、各国が協力して金融不安を抑えようとしています。中国と日本だけが暴走する可能性はまずないでしょう。


というわけで、今のところ米ドル暴落の可能性はほとんどありません。