日本の為替

日本の為替の歴史は鎌倉時代にまで遡ります。当時は御家人が金銭や米を自分の所領以外で受け取ったり、下級役人が給与を先取りしてもらうシステムがありました。金銭のみの交換である今の為替システムとは若干異なりますが、間違いなく現在のシステムの前衛となっています。


江戸時代になるとそれまでにないほど人口が増え、商業も非常に活発になっていました。特に江戸、大阪間の商品流通が非常に活発になっていたため、日々莫大な額の現金決済が必要でした。当時の船舶や飛脚といったシステムで莫大な現金を直接輸送するには多大な時間、費用、危険が伴ったため、直接現金決済をしなくてもいいようにと両替商や大商人を仲介とした為替手形取引が開発されます。両替商や大商人が銀行と同じような機能を果たし、手形を現金代わりに使用するシステムは、現在の内国為替と比べても遜色ありません。当時の世界では、日本の為替手形が最も発達したシステムだったと言われています。


明治時代になると江戸時代の手形システムがそのまま受け継がれ、さらに関連した法案も作成されていきました。その後の日本の急速な近代・資本主義化には、江戸時代に構築された為替システムが一役も二役も貢献していると言われています。為替システムとうい面から見ると、日本は非常に発達した国だったのです。