いつマージンコールやロスカットが発生するのでしょうか?

質問
FX(外国為替証拠金取引)では、少ない証拠金だとすぐにマージンコール(追加証拠金の差し入れ)や自動的なロスカットになってしまいます。では、実際どのくらいの証拠金で、為替がどのくらい変動したらマージンコールやロスカットが発生するのでしょうか?


これは事前に知っておく必要があります。複雑そうに思えますが、実は暗算でもできるほど、簡単な計算です。円を基準に考えた方が簡単でしょう。口座に入っている証拠金を5万円とします。ドルと円のようなペアの場合、為替相場が1円動くと、1万円分動くことになります。


マージンコールが50%のルールだとします。保証金5万円で1万ドル(レパレッジは20倍)を買っている場合、2円50銭下がった地点でマージンコールが発生します。保証金が10万円で1万ドル(レパレッジ10倍)を買っている場合であれば、5円下がった地点でマージンコールです。証拠金額が当初の半分になった地点でマージンコールが発生する、ということです。


また、これ以外にも、購入時価格×(1-マージンコール÷100)÷レパレッジという公式でも計算できます。マージンコールが50%で、1ドル100円のときに、レパレッジ10倍で買ったとします。何ドル買ったかは関係なく、100×0.5÷10=5で、5円動いた地点でマージンコールになります。これらの計算方法を使い、どの地点でマージンコールが発生するか、ということをしっかり把握しながら取引を行っていく方が賢明です。