土日や祝日でも取引をすることが可能なのでしょうか?

質問
外国為替市場は、基本的に年中無休で動いています。ということは、土日や祝日でも取引をすることが可能なのでしょうか?


株式取引と異なり、外国為替市場には具体的な取引所というものがありません。これは相対相場と呼ばれています。相対相場である外国為替市場は、主に2つの市場に分けることができます。1つ目は対顧客市場です。


為替市場の顧客には、貿易業者を中心に、運賃、保険料、海外旅行費用などの対外投資を行う人達がいます。外国通貨を交換する両替商なども為替市場の顧客です。しかし、こうした人達は少数なので、対顧客取引だけでは取引量が不足してしまいます。


そこで、もう1つ目の市場として、銀行や証券会社等の金融機関がインターネットを利用して行っているインターネット市場(銀行市場)があります。世界中の多くの金融機関が対顧客市場で不足した取引量を補うため、同時に取引を行っているのです。このインターネット市場には、各国の政府や中央銀行も参加することがあります。


特定の政策目的をもって国が参加してくる場合は、市場介入などと呼ばれます。外国為替市場では、土日や祝日でも取引をすることは可能であるといえます。しかし、土日、祝日になると、ほとんどの顧客がお休みをとります。もちろん、銀行や証券会社も営業していません。つまり、市場参加者が少なくなるのです。市場参加者が少なくなれば、その分取引量も減り、値動きや出来高の少ない相場になるということです。